株式会社 藤井合金製作所

施工方法や施工事例などを紹介しています。
施工時の参考にしてください。

TOP 施工関連 F914.F917固定金具施工例(露出ガス栓のフレキ施工時)

F914.F917固定金具施工例(露出ガス栓のフレキ施工時)

◆ガス栓の取付工事について◆
都市ガスの場合はお住まいの地域の都市ガス事業者が指定する指定工事店に依頼してください。
LPGの場合は「液化石油ガス整備士」の資格を有する方が行ってください。

馬蹄式固定台座金具
F914A、F914B
二枚羽根式台座固定金具
F917A、F917B
F914 F917

※ガス栓は別売りです

                                

【施工前の確認事項】
ガス栓固定台座には、六角面の位置関係の違いにより2種類あります。
取り付ける前に以下の表を参考にして取り付けようとされるガス栓に合っているか
確認してください。

左右平行にビスを取り付けた場合
Aタイプは六角の平面が垂直、Bタイプは六角の角部が垂直です。

一口ガス栓 二口ガス栓
F914A
F917A
六角位置の画像1 六角位置の画像2
F914B
F917B
六角位置の画像3 六角位置の画像4

【当社ガス栓の対応機種】
・F914A、F917Aは可とう管ガス栓(FV141D、FV143D、FV143C)に対応。
・F914B、F917Bはヒューズガス栓全機種に対応。



【取付可能寸法】

馬蹄式
F914A
F914B
馬蹄式寸法画像
二枚羽根式
F917A
F917B
二枚羽根式寸法画像

取付可能(A)寸法は35mm以下です。

(A)寸法が15mm以下の場合は50mmの取付ねじを
使用してください。
(商品には70mmと50mmのねじが同梱されています。)

【F914施工例】(ガス栓:FV613A)

F914施工手順画像1 1.ガス栓に台座本体を固定します。
 (台座本体にある六角穴付き止めねじ3本を六角棒レンチで
 締め付けます。)

※取り付ける前に台座本体の六角穴の奥にパッキンが取りついていることを確認してください。
 
F914施工手順画像2 2.フレキ管継手に固定座金をはめ込みます。

※固定座金の裏表に注意してください。
F914施工手順画像3 3.ガス栓にフレキ管継手を取り付けます。
(フレキ管継手にシール材を施し本体にねじ込みます。)
F914施工手順画像4 4.フレキ管継手とフレキ管を接続してから、
 バックプレートを壁内にセットします。
 (50φの壁穴)

※左画像は壁の内側からの写真です。
F914施工手順画像5 5.ワイヤーを引っ張り、バックプレートを壁に密着させながら
  台座本体とバックプレートを取付ねじ(2本)で仮固定します。
F914施工手順画像6 6.引っ張ったワイヤーをフレキ管継手に巻き付けます。
F914施工手順画像7 7.取付ねじ(2本)を完全に締め付けて、完了です。

【F917施工例】(ガス栓:FV613A)

F917施工手順画像1 1.ガス栓に台座本体を固定します。
 (台座本体にある六角穴付き止めねじ3本を六角棒レンチで
 締め付けます。)

※取り付ける前に台座本体の六角穴の奥にパッキンが取りついていることを確認してください。
 
F917施工手順画像2 2.フレキ管継手に固定座金をはめ込みます。

※固定座金の裏表に注意してください。
F917施工手順画像3 3.ガス栓にフレキ管継手を取り付けます。
(フレキ管継手にシール材を施し本体にねじ込みます。)
F917施工手順画像4 4.バックプレートをフレキ管に通します。(50φの壁穴)

※バックプレートの裏表に注意してください。
※左画像は壁の内側からの写真です。
F917施工手順画像5 5.フレキ管継手とフレキ管を接続します。
F917施工手順画像6 6.台座本体とバックプレートを取付ねじ(2本)で接続します。
(取付ねじの先端はバックプレートより1〜2mm突き出る程度にねじ込ます。たくさんねじ込むとバックプレートが壁または水切り内に入らなくなります。)
F917施工手順画像7 7.バックプレートを壁または水切り内に挿入します。
F917施工手順画像8 8.取付ねじを手前に引き出しバックプレートを壁または水切り内に密着させてから、取付ねじ(2本)を締め付けて、完了です。

ページトップへ戻る