株式会社 藤井合金製作所

普段家庭で何気なく使用している安全機構付きガス栓である
ヒューズガス栓の内容を紹介しています。

TOP ヒューズガス栓とは?

ヒューズガス栓とは?

ヒューズガス栓とは規定流量以上のガスが流れるとガスが流出し続けるのを
自動的に止める機構(ヒューズ)の付いたガス栓のことである。

【通常時】 【ヒューズ作動時】
ヒューズボールがシリンダー内に
収まっているためガスが
流れ続けます。
ヒューズボールが上昇してガスの
流れを止めます。
※ヒューズを見やすくするための断面図であり
現行品の断面図ではありません。



ヒューズが作動する(規定流量以上のガスが流れる)要因には
  ・ゴム管などの接続具の抜け・はずれ・穴あきによるガス漏れ。
  ・ヒューズ規格を超える量のガスを消費する器具の使用。
  ・長期間使用しなかった後、ガス栓を開いた時に発生する急なガスの流れ。
などがあります。

ボール型のヒューズの他にもコマ型のヒューズなどもありガス栓を使用する環境によって変わります。
ヒューズガス栓にはリセット機構がついていて、このリセット機構とは作動したヒューズを元にもどして
再びガス栓を使用できるようにする機構のことです。

現在も一般家庭用や商業用などで広く使われているヒューズガス栓にはすべてリセット機構が付いており、
藤井合金製作所は1978年(昭和53年)に、このリセット機構付きヒューズガス栓の
国内初の生産、販売を行ないました。



【補足】

1985年より都市ガス供給地域における新設備(改修工事)のガス栓にはヒューズガス栓の設置が
義務付けられています。(LPガスは1986年)
※出典 経済産業省

トップページへ戻る 上へ戻る