株式会社 藤井合金製作所

施工方法や施工事例などを紹介しています。
施工時の参考にしてください。

TOP 施工関連 壁埋込型ガス栓の施工例(CE2タイプ)

壁埋込型ガス栓の施工例(CE2タイプ)

◆ガス栓の取付工事について◆
都市ガスの場合はお住まいの地域の都市ガス事業者が指定する指定工事店に依頼してください。
LPGの場合は「液化石油ガス整備士」の資格を有する方が行ってください。

壁埋込型ガスコンセント
SG506Bシリーズ
(フレキ配管専用)

SG506B Cタイプ SG506B CEタイプ SG506B CE2タイプ
取付可能壁寸法 取付可能壁寸法

取付可能寸法詳細はこちら
先付けと後付けで
取付可能壁寸法が
異なります。

先付けの取り付けは、
壁を貼る前にガス栓
本体用の穴あけが
必要になります。
CE2タイプ施工手順1 1. バックプレートを柱等に仮固定する。 取付ねじは後で
バックプレート位置を
調整できるように
斜め方向にねじ込む。
CE2タイプ施工手順2 2. 本体にフレキ管を接続する。
CE2タイプ施工手順3 3. バックプレートにねじで仮固定する。 壁内寸法が
49mm以上の場合は
M4×20ねじで
仮固定する。
49mm未満の場合は
M4×6のねじで
固定する。
【工事用カバーを使用しない場合】 【工事用カバーを使用する場合】
Cタイプ施工手順4(工事用カバー無し) 4.
壁仕上がり後、バックプレート内側に沿って壁面を切り抜く。
Cタイプ施工手順4(工事用カバー有り) 4.
工事用カバーを取り付けて、壁穴をあけてから壁を貼る。壁仕上がり後、工事用カバーを取り外す。
CE2タイプ施工手順5 5. あらかじめ施設しておいた電気配線を
  引き出し、本体を仮固定してあったねじを
  締める。
CE2タイプ施工手順6 6. フロントプレートを取り付ける。
CE2タイプ施工手順7 7. 電気コンセントを配線と接続し、
  フロントプレートをはさみ込む様に、
  バックプレートに固定する。
電気コンセントの
取付には電気工事士の資格が必要です。
CE2タイプ施工手順8 8. プレートを取り付ける。
ページトップへ戻る